テンシオメータ

土壌の水分量に測定し、植物に

最適な正確な潅水を可能にします。

高精度テンシオメータの特長

土壌の水分量を検知して、潅水管理に必要な土壌水分張力(土壌と水分が吸着する力)を測る水分センサーです。

従来型のテンシオメータは測定精度が悪く、営農目的では使用されてきませんでしたが、このセンサーは、従来型の問題点である水補給手間を簡単にし、かつ測定精度を高めたので、長期の安定計測が可能になりました。

メンテナンスも容易な長期使用可能設計

計測部には、錆に強いステンレス製圧力変換機、ステンレス管を採用、長期使用を可能にしました。

また、このテンシオメータは、根の吸引力を直接計測できますので、土壌培土に関係なく使用できます

青色の部分が真空を保ち、ポーラスカップから土壌への水の出入りを、ダイレクトに、負圧用圧力変換機が感知し、電気信号を制御盤に送ります。

長期の使用で、測定精度の誤差が出た場合でも、お客様自身でメンテナンスをして頂くことにより、出荷時の精度に戻して頂くことが出来ます。

◆商品詳細◆

テンシオメータ

仕様

形式 テンシオメータ
(型式番号 AG-T-200N)
全長 約600mm(ステンレス部
約210mm)
電源 12~28VDC
出力値 0kpa 時 4mA
100kpa 時 20mA
仕様温度範囲 各屋内
仕様周囲温度 0~60℃(※熱中消毒時など高温注意)
用途 自動潅水システムなど、土壌水分量に応じて、潅水をコントロールしたい際、制御盤と共に使用。
(アグリ技研少量高頻度制御盤と共に使用することをお勧めいたします。)
サブコンテンツ

このページの先頭へ